WHO=世界保健機関は、インドで最初に見つかった変異のある新型コロナウイルスの報告があったのは、5月25日の時点で、世界の60の国や地域にのぼるとする報告書を公表しました。

このウイルスには感染力が強まったり、ウイルスを攻撃する抗体の働きを低下させたりするおそれのある変異が複数あり、インドでは1日におよそ20万人の感染が確認されるなど、世界的な感染拡大が懸念されています。WHOは、ワクチンが行き渡るまでには時間がかかり、感染の拡大が続けば、新たな変異ウイルスが出てくる可能性が高まるとして、個人や社会全体での感染対策が重要だとしています。

最近の情報によると、ベトナムでインド型と英国型のハイブリッド変異株が流行はじめ、この変異株はエアロゾル伝染(空気伝染に近い)し、今までにない強力な感染力を持つと報じられています。検疫体制が徹底しない日本に入ってくるのは時間の問題であり、最重要警戒事項です。


5月29日にサイエンス映像学会の主催で「緊急提言!! 変異型ウイルス克服への道 児玉龍彦x上昌広」が開催されその動画が発表されました。

内容は、「新型コロナウイルスは、変異を繰り返し感染力は強化されています。『緊急事態宣言』と『蔓延防止等重点措置』は、現在 19都道府県に発令中です(5/19)。変異は何故、どの様に起こるのか?英国型とインド型の分子の違いは?欧米に比べ、アジアの感染者・重症者・死者は低いのですが、なぜ日本はアジアの中で高いのか?なぜ変異株は、アジアで増えているのか?何故、科学技術創造立国を標榜する日本で、ワクチン開発がこれ程遅いのか?現在の専門家会議と日本政府の政策は、正しいのか?正しくないとすると、何を改めるべきなのか?」などとなっており表題の目的に沿った貴重な情報です。

児玉龍彦(東京大学先端科学技術センター・名誉教授)x上昌広(医療ガバナンス研究所理事長・医学博士)の同時出演は滅多にない機会であり、この機会を捉えずして変異株を語ることはあり得ないと思います。以下にこの動画を掲載いたします。

 

2021-05-25

今回は供給元・ワクチンの特性と供給体制・入荷見込み等についてご報告いたします。
特に効果と副反応について、ワクチン選定の参考データー下記にまとめました。

  ファイザー モデルナ アストロゼネカ シノヴァ(中国)
分類 mRNA mRNA ウイルスベクター 不活化ワクチン
共同開発・製剤 独ビオンテック社 武田製薬(製剤) 第一三共(製剤)
契約数 9700万人分 2500万人分 6000万人分
入荷見込み アストロゼネカ血栓で不足気味 入荷確定 入荷見込みあるも,問題あり(*詳細別記)
接種体制 既に先行接種 防衛省接種引き当て 未定 入手容易・途上国向
備考     「スプートニク5」も同種  
*アストロゼネカの問題点

欧州連合(EU)は21日このワクチンを接種した後、血小板減少を伴う血栓症を発症した人には 2回目で同社製ワクチンを使ってはならないと勧告した。

デンマーク、ノルウエイは使用中止。カナダ、ドイツイギリス、フランスは年齢制限

若年、女性は発生度比較的多。

インドでは製造供給されていたが、現在は他国への供給を止めている。

日本の厚生労働省は使用条件を検討中で無条件の使用にはならない見込み。

以上を参考にされて、最適の選択をされるよう期待いたします。
このほか
接種場所
3種のワクチン
2回目の接種までの間隔、
ワクチンの保存・使用条件
窓口の乱立
等あり調整・デリバリーの困難さ、複雑な配分を簡単にする統一的ソフトウエアがまだ存在しない等のため、物が供給されても 接種が政府が描く予定通りに運ばない恐れがあります。家族総動員で要領よく早期の接種予定を獲得されるよう望みます。高齢者におかれましては、お子さんやお孫さんに遠慮なく頼んでください。

英国株(従来株の3~1.5倍)インド株(英国株の1.5倍)の驚異的感染力があることも考慮に入れてください。
くれぐれも、恣意的に作られた数字に一喜一憂し、惑わされないようご注意ください。

本日突然重要な報道がとび込んできました。
米国国務省から日本の感染状況から判断し、レベル4に指定し渡航中止を勧告したとのことです。
折も折、東京ではインド株のクラスターが発生したとのニュースもありました。

いずれにいたしましても高齢者は出来るだけ急いで接種の機会を捉えるべきです。