児玉氏資料より

[東京 20日 ロイター] – 東京五輪に参加する各国の代表団や運営スタッフが来日するのに伴い、新型コロナウイルスに感染する五輪関係者が増えている。大会組織委員会によると、20日までに計71人の陽性が確認された。うち40人が国内在住、31人が海外から来日した関係者。

 7月20日、東京五輪に参加する各国の代表団や運営スタッフが来日するのに伴い、新型コロナウイルスに感染する五輪関係者が増えている。これまで判明している選手など大会関係者の感染状況は以下の通り。

●7月20日
大会組織委員会によると、五輪関係者9人の陽性を新たに確認。うち1人は海外から来日した選手村滞在の選手。共同通信によると、国内に住むボランティア1人の陽性も初めて確認された。

●7月19日
チェコのオリンピック委員会によると、選手村に滞在する男子ビーチバレーの同国代表オンドレイ・ペルシッチ選手が検査で陽性になった。26日の試合に出場予定だった。
大会組織委によると、この日は3人の五輪関係者の陽性が確認された。うち2人は海外から来日した大会関係者とメディア関係者で、14日間の検疫期間中だった。もう1人は組織委のスタッフ。

●7月18日
南アフリカのサッカー協会によると、男子の南ア代表チームの選手2人とスタッフ1人が感染。21人が濃厚接触者と判断された。代表チームはすでに東京に滞在しており、22日に日本代表と対戦する。
大会組織委によると、この日は南アの3人を含め五輪関係者計10人の感染が確認された。

●7月17日
東京・晴海の選手村に滞在する五輪関係者の陽性が初めて確認。大会組織委は詳細を明らかにしていないが、選手ではないという。この日は五輪関係者計15人の感染が確認された。

●7月16日
豪オリンピック委員会によると、男子テニスのオーストラリア代表、アレックス・デミノー選手が来日前に陽性判明。
組織委によると、来日後14日間の検疫期間中だった大会関係者1人が陽性。組織委の関係者3人も陽性が確認された。

●7月15日
女子7人制ラグビーのケニア代表チームの選手8人が濃厚接触者と判断される。日本へ向かう飛行機の同乗者が陽性。
男子バスケットボール米国代表ブラッドリー・ビール選手が、東京五輪に不参加。コロナの安全プロトコールに入ったため。
来日後14日間の検疫期間中だった選手が陽性。大会関係者1人、さらに大会組織委員会のスタッフ4人が感染。

●7月14日
ロシア通信によると、同国女子ラグビー選手団のスタッフ1人が陽性となり、チームメンバーが2日間隔離。合宿地の福岡県宗像市によると、1人が入院したが、他のメンバーは濃厚接触者に当たらないと判断された。
難民選手団の1人が陽性。カタールのドーハで判明し、選手団は来日を遅らせた。
7人制ラグビーの南アフリカ代表21人が、濃厚接触者と判断され全員隔離。日本に向かう機内の同乗者が陽性となったため。

●7月4日
ボート競技のセルビア選手団の1人が陽性。到着した東京の羽田空港の検査で判明した。残りの4人は濃厚接触として隔離された。

●6月23日
大阪府泉佐野市で合宿するウガンダ選手団のうち、選手1人が陽性。

●6月20日
千葉県の成田空港に到着したウガンダ選手団のうち、コーチ1人が検査で陽性となり隔離。残りのメンバーはバスで合宿地の大阪府泉佐野市へ。

*五輪組織委が感染者の国籍などを開示していないため、各国からの情報と重複するケースがあります。


以上の情報は、ほんの序の口で今後五輪開会後この種の混乱はさらに続くものと推察されます。この混乱の中で公正な試合が担保されるか、はなはだ疑問です。トヨタが五輪にかかわるPRから撤退したことはイメージダウンを避ける賢明な選択だったと思われます。

変異株が問題をさらに難しくしていること、大会組織委が正確な情報提供を避けていること、この期に及んで検査数が一向に増えていないこと、大会組織委・政府ともに”Yattafuri"や建前主義に偏りすぎていることなどが背景にあり、事態は悪化の一途をたどっています。
第2次大戦末期の日本の軍部の悪あがきを連想させられます。

皮肉にも結果がこれほど不透明でありながら、素人でも結末を容易に言い当てることができるこの不思議な現象は、初めての経験です。

最後にこれを見れば私がくどくど解説するまでもなく、ご視聴いただければすべてのもやもやが晴れるでしょう。


 

一月の国会質問で菅元総理が危機管理について船長に質問していたが、「国民の安全安心を第一に鋭意努力する」と具体的な対策を答えなかった。「最悪の危機を考えたことがあるか?」との質問を交え、菅元総理は何度も具体策を求めたが答えは同じで逃げ切ったようだった。このような船長の無責任さはその後ずーと続いている。

このような船長のもとでは船は座礁するか沈没するしかない。乗船している客はどうなるのか心配でならない。そこで掲載の本をご紹介する羽目となったのです。
内容はかなり極端で偏りを感じる面もあるかもしれないが、このくらいの劇薬で無ければ船長の病気は治らないかもしれません。

日本のコロナ感染拡大は、第1波の段階では見かけ上は良好に推移し、終息したかに見えた。その為世界は一時「日本方式」に注目した。しかし、世界的に例外と言える夏の波:第2波を生じ、第3波以降では懸念されていた医療崩壊が局地的に始まっている。時が経つにつれ、日本のコロナ感染拡大は、東部アジア・大洋州ではワースト5の常連と化し、世界に逆行している。この事態を巻き起こしたのは誰なのか? 世界標準のデータ・エビデンスから徹底的に検証する。

【概要】
・統計で見たパンデミック1年日本と世界
・トランプ政権下の合衆国で何が起きたか
・バイデン政権下の合衆国でどうなったのか
・なぜマスクが市中から消えたのか?
・なぜ消毒アルコールが消えたのか?
・なぜ日本はワクチンが遅れたのか?
・PCR検査後進国としての日本とその結果
・世界唯一の本邦検査抑制政策と国策エセ医療・エセ科学デマゴギー
・国策エセ科学・エセ医療デマゴギー(理論編)
・国策エセ科学・エセ医療デマゴギー(実例編)
・原理から見るPCR検査
・なぜインド株が易々と国内に入ったのか? 日本の「ザル検疫」
・なぜ第四波エピデミックが起きたのか?
・世界この先、日本この先

著者の略歴は、牧田寛・まきたひろし、著述家・工学博士。徳島大学助手を経て高知工科大学助教、元コロラド大学コロラドスプリングス校客員教授。著書は8月18日発売予定でアマゾンで予約出来る。


ベース再加速、デルタ株拡大、世界の死者400万人超

これは7月9日東京新聞の見出しだ。概要を下記します。
米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染者数の死者が8日、世界全体で4百万人を超えた。82日で100万人増の短期更新のペースだった。インドで確認された感染力の強い、デルタ株の流行が続いており、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は「非常に危険な時期に入っている」と警戒を呼び掛けている。

同じく、ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると累計死者数は米国で60万人、ブラジルで52万人、インドで40万人を上回っており、これら3か国で目立って多い。

前投稿でも述べたように世界に蔓延する新型コロナウイルスの新株は予想外に多く、アルファ株から始まり、ベータ、ガンマー、デルタ-、ラムダ株と目まぐるしく新株が現れている。前投稿で指摘したが、世界はペルーで猛威を振るうラムダ株に注目が集まっています。東京五輪はこの坩堝の中で開催されるのです。