2021-08-04

この言葉は 2020年5月4日の週刊朝日の記事だ。
「全国一律のステイホームは日本を滅ぼす」児玉龍彦東大名誉教授がぶった切る。緊急事態宣言5月末まで延期に際して。この言葉は一年以上前の指摘だ。読み返して過ちを繰り返す無責任なリーダーの姿を改めて認識した次第だ。

新型コロナ.政府、病床ひっ迫で中等症も自宅療養。政府は2日、新型コロナウイルス感染症の医療提供体制に関する閣僚会議を開き、入院対象を重傷者らに限定する方針を決めた。

「安心・安全」が私の責任だと云い続けた船長は船の座礁に際して救命ボートには重傷者しか乗せない。あとは自助だと云わんばかり。客室管理者に救命努力を課するものの、具体的 施策はこれからだと?

豪華な絨毯の上で大宴会を開いていた現状からあまりにもかけ離れた現実ではないか?
外国誌に”Yattafuri”とか「事態を軽く見る傾向」などと揶揄されるのも、もっともではないか。

今朝のTBSラジオ生島ひろしの「おはよう一直線」で、感染症専門医・上昌広氏が登場した。当然、米CDCワレンスキー所長の重大警告やロイターの「The War has Chenged」などデルタ株の大流行を巡って事態の急変が話題となった。

1.感染が急激に増えると変異種の出現チャンスも増える。

2.デルタ株は水疱瘡 並みの感染力を持つ。空気伝染と云っても過言でないほどの感染力

3.集団免疫の獲得希望は大きく後退した。

4.ワクチン効果の比較的高いmRNAもデルタ株に対しては効果半減。

5.このためワクチンのブースターショットが必要となり3回目の接種のため世界中でワクチンの争奪戦が始まる。

6.治療薬に関心が移りつつあるがカクテル療法は点滴であり現在の医療体制では困難。

7.感染初期の飲み薬・治療薬AT527(国産)やインド産の経口治療薬など開発中だが、治験が終わり実用化となれば今年の冬以降となるだろう。

以上のような現状にもかかわらず現実はどんどん深刻化し、都内の自宅療養者は、本日現在一万二千人(若者中心で一か月で12倍)。軽症の若い世代でも自宅療養中に容態が急変するリスクはある」。7月上旬に横浜市の40代男性が、5月には京都市で20代の男性が、ともに自宅療養中に容態の急変で死亡。都内でも1月に自宅療養の女性が亡くなった。

保健所がひっ迫している現状をどう乗り切るかも重要課題だ。

私事だがつい一週間前に入院し手術を受けたが、中クラスの病院だった。
各病室に酸素供給の集中配管が通っており、配管コンセントからいつでも酸素吸入マスクに接続できる仕掛けになっていた。一人一人に酸素ボンベをつなぐなど先進国のやることではないと実感した。

細かいことだが設備の充実で医療従事者の手を省くことなど充分できただろうにと考えると、この国の船長は何をしていたのだろうと疑問を抱かざるを得ない。最初に述べたように 一年前と何も変わっていないにも拘らず、いかにも良くなっているような”Yattafuri”船長はこの船をどこに導くつもりだろう?。


 

この愚策を余すことなく徹底批判